資産運用の為に~外為編~

外国為替証拠金取引について書いています。 人の意見は参考程度に・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチっとお願いします。 


外為ランキング
にほんブログ村 為替ブログへ

 
投資ブログランキング
テクニカル分析の1つに一目均衡表というものがあります。
これはペンネーム、一目山人氏が考案した、
日本を代表するチャート分析です。

一目山人氏が長年のシュミレーションから基本数値と
変化日を予測する為の、対等数値から
9日、26日、52日という日を算出しそれを
チャートに載せたのものです。

私は以前紹介した、フィボナッチ分析と共に重宝視している
1つでもあります。

一目均衡表で表す5つの線は、
基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパン
で構成されています。

一般に、先行スパン1と2の間の空間?は雲と呼ばれています。

私も完璧に把握しているわけではないのですが、
表の見方としては、
基準線と転換点の交差でのサイン。
逆に転換線や基準線がサポート&レジスタンスに
なったりもします。

また先ほど述べた雲ですが、一般的にこの雲の中にいる
時間は長くない。また基準線&転換線同様、先行スパンが
レジスタンス&サポートになる事もあります。

基本的には遅行スパンも、上の線と同じ考えです。実践を
下抜けしたら、売りとか上抜けしたら買いとか・・・

私の知っている知識は少ないですが、この一目均衡表は
勿論株の世界でも多く使われています。

もっと詳しく知りたい方は、一目均衡表で調べてみてください。

個人的に、現在使っているJNSのリアルタイムチャート
(有料だが口座開設で無料)で利用していますが、
マイナー通貨はあまり無いので、いろいろ調べて上手くいくか
分かりませんが、エクセルで作成中です。
手始めとして最近人気のあるGBP/CHFの予定です。
もし上手くいったらUPします。
ポチっとお願いします。 


外為ランキング
にほんブログ村 為替ブログへ

 
投資ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。