資産運用の為に~外為編~

外国為替証拠金取引について書いています。 人の意見は参考程度に・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチっとお願いします。 


外為ランキング
にほんブログ村 為替ブログへ

 
投資ブログランキング
順序からいうとオシレーター系の記事から書く事が順序かも
しれませんが、書こうとする事をすぐに忘れてしまうので
これでは意味が無いと思い、これを今回の内容とします。

まずオシレーターとは?!
テクニカル分析の1つで、その通貨の過熱感を計る分析方法です。
代表的なものとしては、RCI、RSI、ストキャスティックス、
モメンタム等があります。

過熱感とは、買われすぎや売られすぎをみるものです。
一般に、70%を超えると買われすぎ
反対に、30%以下なら売られすぎといわれています。
基本的には逆張りをする時のタイミングを計るものです。
上記に書いた%以上の数値を示せば、なお更反転の要素が
あるという事です。

その他にも、チャートとこのオシレーター系を組み合わせると
その通貨の値はさほど変わっていないのに、オシレーター指標が
大きく変わっているときもあります。
この辺りを考慮して取引してみてはどうでしょう。

さてやっと本題です。
では逆行現象(ダイバージェンシー)とは?

上記のオシレーター系の説明を踏まえ、
チャートとオシレーター系の指標(私はRSIをみていますが)を
組み合わせてみていると、面白い現象が現れます。

マーケットの価格は下落しているのに、オシレーター分析の
値は上昇している現象又は、価格は上昇しているのに、
値は下降している現象が見られます。

これが逆行現象(ダイバージェンシー)です。
この現象から読み取れるサインとしては、

価格上昇+RSI下降の逆行現象は、相場反転の下降サイン
価格下降+RSI上昇の逆行現象は、相場反転の上昇サイン

です。
こんな感じですが、もっと詳しく知りたい方はこちらから。
ポチっとお願いします。 


外為ランキング
にほんブログ村 為替ブログへ

 
投資ブログランキング
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。