資産運用の為に~外為編~

外国為替証拠金取引について書いています。 人の意見は参考程度に・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチっとお願いします。 


外為ランキング
にほんブログ村 為替ブログへ

 
投資ブログランキング
仕事がら危険物の免許を持っているのですが
保安講習というのがあって、3年に1度講習を
受けないと免停になってしまうので、受講して
きたのですが、その1部にFXに通づるものが
ありましたので、紹介したいと思います。

それは、意識レベルというものです。
そしてそれは大きく分けて5段階に
分けて考える事が出来きるそうです。
意識レベルの事をフェーズと呼んでいます。

フェーズ |意識の状態      |注意のモード |生理的状態
-------------------------------------
0     |無意識、失神      |ゼロ      |睡眠、脳発作
-------------------------------------
1     |意識ボケ        |不注意状態  |疲労、短調、居眠り
-------------------------------------
2     |リラックス状態、    |不活性注意  |安静起居生活・休即時
      |思考は内界に向かう  |リズム低下  |他律的リズムに同期
--------------------------------------
3     |積極活動状態、前向き |active注意  |情報処理は柔軟で早い
      |思考、意欲的      |分野は広い  |予測の見直し、情動の自制 
-------------------------------------     
4     |過緊張、情動興奮    |注意は焦点に |緊急防衛反応、
                       |固着       |慌てる→パニック状態

分かりづらいですが、
表にしたものです。
ココからは、参考資料の抜粋を
自分なりにアレンジして書きます。

フェーズからフェーズへの移行は連続的でなく、非連続的である。
その好例は、幼児に見ることができ、遊びに熱中している時に急に
怒り出したり、泣いていても何かでケロッと機嫌を直す。
それは大人でも同じである。

不注意を起さないのはフェーズ3であるが、この状態は長続きしない。
この状態は起きている間の1/3くらいである。
ほとんどがフェーズ2である。フェーズ2は前向きではないので
見落としや、度忘れなどが出やすい。

したがって、重要な判断をする時は、フェーズ3がベストである。

そこで、フェーズ2→3になるように緊張を刺激するように
するとか、間を置いて、フェーズを切換させる事が
重要であり、それを自分でコントロールする事が出来れば
いいのですが、なかなかそれをする事は出来ませんね。
ポチっとお願いします。 


外為ランキング
にほんブログ村 為替ブログへ

 
投資ブログランキング > > の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。